テキスト ボックス: デイサービス利用者の社会参加の取組み
                   
   
                                   デイホーム「きて民家ミンカ」(愛媛県エヒメケン西条市サイジョウシ
                                    発表者ハッピョウシャ   武田タケダ ケイ(ケアワーカー
                            共同キョウドウ発表者ハッピョウシャ   長谷川ハセガワ八重子ヤエコ看護カンゴ) 福本フクモト朝美アサミ(介護カイゴ福祉士フクシシ
 キーワード: 社会シャカイへの関心カンシン期待感キタイカン             山下ヤマシタ マコト(介護カイゴ福祉士フクシシ)  沖中オキナカ正明マサアキ社会シャカイ福祉フクシ)
                     
< はじめに > きて民家ミンカでの愛唱歌アイショウカとしてウタコト計画ケイカクしている。
 デイホームきて民家ミンカは、正面ショウメン石鎚イシヅチ霊峰レイホウノゾミみ、 事例ジレイ 3. コンテストへの応募オウボ参加サンカ
しい田園デンエン風景フウケイナカにある、定員テイイン15メイ小規模ショウキボのデ  愛媛エヒメ新聞シンブン主催シュサイした「あさがおコンテスト」にオウ
イサービスで、8メイのスタッフで運営ウンエイしている。 タネいてもらい、3ヶゲツソダてて参加サンカした。
 「健康ケンコウといきがいづくり」をテーマに設立セツリツして1ネン 事例ジレイ 4. 外出ガイシュツ買物カイモノ
になるが、最近サイキンは「きて民家ミンカ」にることがきがい  室内シツナイごすことのオオ利用者リヨウシャは、ソトるだけ
だとヒトアラワれ、ギャク責任セキニンオモさを痛感ツウカンしている。 気持キモちは開放的カイホウテキになる。ナニよりの社会シャカイ参加サンカは、ソト
 私達ワタシタチカンガえている「きがいづくり」とは@タノしく コトって過言カゴンではない。小規模ショウキボ施設シセツタメ
ワラいのえない提供テイキョウ、A趣味シュミ醸成ジョウセイ、B仲間ナカマづくり、 クラマトスケジュールも弾力的ダンリョクテキウンヨウできる。利用リヨウシャ
Cシャカイ参加サンカ,D社会シャカイテキ貢献コウケン,E地域チイキとの交流コウリュウであるがイマ 要望ヨウボウコタえ、買物カイモノなどを意識的イシキテキれている。
カイは「社会シャカイ参加サンカみ」について報告ホウコクする。 事例ジレイ 5. 行政ギョウセイのしくみや制度セイドへのかかわり
< 目的モクテキ社会シャカイ参加サンカ意義イギ  >  広報誌コウホウシ最大限サイダイゲン活用カツヨウし、毎月マイツキ入念ニュウネントオ
 利用者リヨウシャオオくは、身体的シンタイテキ環境的カンキョウテキに、社会シャカイ参加サンカコマ し、地域チイキモヨオしや行政ギョウセイ行事ギョウジなどへ参加サンカしている。
ナン状況ジョウキョウにあり、社会シャカイとの接点セッテンウスれがちで、トウヒト  ケン主催シュサイの80サイ以上イジョウ永久歯エイキュウシオオヒトのコンクール
サン意欲イヨク低下テイカ傾向ケイコウにある。このタメ、デイサービスで つらつコンクール」に参加サンカし1メイ表彰ヒョウショウされた。
のプログラムも、社会シャカイとのマジわりを意識イシキし、社会シャカイへの 事例ジレイ 6. 社会的シャカイテキ貢献コウケン/奉仕ホウシ活動カツドウ
関心カンシンフカめ、当人トウニン生活セイカツ意欲イヨクムスびつけていくことが  四国シコクにはお遍路ヘンロさんをおカネ品物シナモノイヤす「お接待セッタイ
肝要カンヨウである。社会シャカイへの参加サンカ意識イシキ低下テイカは、意欲イヨク低下テイカ という習慣シュウカンがある。巾着キンチャクやティッシュケースを利用リヨウ
トモに、認知ニンチショウの1症状ショウジョウでもあり非常ヒジョウ大切タイセツ要素ヨウソ シャツクってもらい、アメなどと一緒イッショにお遍路ヘンロさんをお
でもある。ただここでう「社会シャカイ参加サンカ」は、シャカイとの 接待セッタイした。お遍路ヘンロさんから利用者リヨウシャオオくのおレイ
セツテンオオくし、シャカイとのマジわりりがきがいづくりに カミをいただき、ギャク利用者リヨウシャココロイヤされている。
ツナがりヒト充足ジュウソクカン満足感マンゾクカンたしているかどうかに 事例ジレイ 7. 一般イッパンイベントへの参加サンカ
アセテンてるにとどめる。  「進水式シンスイシキ」のイベントが新聞シンブンやチラシで参加者サンカシャ
状況ジョウキョウ ツノルアツしていた。造船ゾウセンショにおネガいし、イベント当日トウジツ
 私達ワタシタチざす「健康ケンコウきがいづくり」とは、利用リヨウ 一般イッパン参加サンカヒトソバ一緒イッショ利用者リヨウシャてもらった。
モノをあくまで健康ケンコウ高齢者コウレイシャオナ視点シテントラえることを  ハジめて経験ケイケンするカタオオく、「いいものをせても
基本キホンにしている。シタガって社会シャカイ参加サンカ特別トクベツ方法ホウホウカンガ らった」とココロソコから感激カンゲキしてもらった。
えているわけではない。一般イッパン高齢者コウレイシャ行動コウドウ参考サンコウ 事例ジレイ 8. 地域チイキとの交流コウリュウ
それにルイした環境カンキョウ用意ヨウイすることだとカンガえている。  周辺シュウヘン地域チイキ小学校ショウガッコウ中学校チュウガッコウ演奏会エンソウカイ作品展サクヒンテンには
 介護カイゴ高齢者コウレイシャ行動コウドウ把握ハアクするために、地域チイキロウ カイがあれば積極的セッキョクテキ参加サンカしている。
ヒトカイ中心チュウシンシャカイ参加サンカ関係カンケイする行動コウドウをアンケート調チョウ 事例ジレイ 9. その旅行リョコウナラゴト行事ギョウジ参加サンカ
をした。32メイのアンケート結果ケッカ参考サンコウに、「きてタミ  個人的コジンテキ旅行リョコウマツ利用者リヨウシャ絵葉書エハガキオクったり、
イエ」のレクりエーションのメニューに具現化グゲンカ ビデオってナガしたり、パソコン教室キョウシツ手紙テガミ教室キョウシツ
した。以下イカ事例ジレイについてべる。 ナド開催カイサイ。また地域チイキ商店街ショウテンガイ七夕タナバタまつりはポスター
事例ジレイ 1. ニュースやナカ出来事デキゴトへの関心カンシン を室内に貼り,七夕を作ってマツりに参加サンカし、社会シャカイ
 「きて民家ミンカ」の一日イチニチは「今日キョウ話題ワダイ」でハジまる。ス 接点セッテン関心カンシンオオくなるようにツトめている。
タッフが交替コウタイで「今日キョウ話題ワダイ」を担当タントウし、そのシン <まとめ>
ブンコト最近サイキン話題ワダイ当日トウジツ歴史レキシジョウ記念日キネンビナド取上トリア  アンケート結果ケッカ選挙センキョは88%のヒトが「カナラ参加サンカ .
げ、利用者リヨウシャにもハナシクワわってもらうようツトめている。 る」とコタえているように、高齢者コウレイシャがいかに社会シャカイへの
事例ジレイ 2. 社会シャカイとの接点セッテンのある話題ワダイづくり サン意識イシキツヨいかをワタシタチカンガえる必要ヒツヨウがある。シタガ
(イ)障害ショウガイのあるヒトが、チカくの公民館コウミンカンで「施設シセツ てデイサービスのレクリエーションのナカに、シャカイサン
オモいをって」と紙芝居カミシバイなどを披露ヒロウ新聞シンブンでもハナシダイ への工夫クフウ絶対ゼッタイ必要ヒツヨウ項目コウモクでもある。
になった。記事キジ利用者リヨウシャてもらい、障害ショウガイ施設シセツトウ  ツギ社会シャカイ参加サンカみで大切タイセツなことは、参加サンカ
ヒトてもらい、公民館コウミンカンでの場面バメン再現サイゲンした。 るまでのプロセスにあり、新聞シンブンやチラシなどを利用リヨウ
(ロ)バレンタインデーに愛媛エヒメ新聞シンブン女性ジョセイスタッフメイ し、視覚シカク意識イシキウッタえ、期待キタイカン関心カンシンタカめていく
オトコセイ利用者リヨウシャへのメッセージを投稿トウコウ掲載ケイサイしてもらった。 いくコトナニにもまして大切タイセツで、そのウエ社会シャカイへのか
(ハ)有名ユウメイ新井アライマン作詞サクシ作曲サッキョクし、松山マツヤマまれた かわりを意識イシキしてもらうコト必要ヒツヨウオモう。 
「このマチで」が新聞シンブン紙上シジョウニギわした。このウタまれ  今後コンゴ課題カダイは、スタッフ主導シュドウみを、いかに
背景ハイケイハナシし、毎月マイツキのリズム体操タイソウれ、今後コンゴ ヨウシャ自発性ジハツセイムスびつけていくかとカンガえている。